新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

マットレスベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

マットレスベッドについて

マットレスベッドとは、マットレスの下に脚を付けただけのシンプルなベッドです。


マットレスベッドの利点について

シンプルな形のベッドです。 ヘッドボードが無いベッドと同じく、ベッドの全長が短くなるので設置場所の自由度が上がります。 また、脚の長さを選ぶ事もできます。ベッドの高さを変える事で、ベッドの下に収納ケースを置いたりする事も出来ます。


マットレスベッドの欠点について

最大の欠点は、マットレスのローテーションが出来ない事です。 上下のローテーションは可能ですが、裏表の入れ替えが出来ません。 また、マットレスだけを交換するという事が出来ず、全てを交換するイメージとなります。


マットレスベッドとはどんなベッド

マットレスベッドとは、フレームの付いていないマットレスだけのベッドのことです。枠やヘッドボードなども付いていないシンプルなもので、一般的にはマットレスに直接足だけが付いているタイプを指します。サイズはシングル、セミダブルが多く見られますが、ダブルサイズのマットレスベッドもあります。ヘッドボードが無いため枕を押さえる役割をするものはありませんが、壁際に配置したり棚などをヘッドボードの代用にしたりすることで解消できます。他の家具と合わせたり2台以上のマットレスベッドを並べたりと自由なレイアウトをして使いたい人におすすめです。余計なものが付いていない分移動もしやすく、女性でも動かしやすいので、部屋を模様替えする時にも比較的楽にできるというメリットがあります。ベッドの脚に保護用のカバーを付ければ、移動の際も滑りやすく床を傷める心配も少ないので、装着しておくと便利で安心です。マットレスベッドは堅さもいろいろありますが、枠が無いという性質上、一般的には堅めのものが多いので、柔らかいタイプが好きな人は、必要に応じて敷き布団を併用すると快適に使えます。


マットレスベッドはこんな人におすすめです

シンプルなベッドを好む人には、脚が付いているだけのマットレスベッドが向いています。枠が無い分一般的なローベッドよりも低く使うことができるので、一般的なベッドと布団の中間的な感覚で使えるのではないでしょうか。普通のベッドではなくマットレスだけを購入して使用する人もいますが、床に直接置かずに若干高さを持たせたい場合や湿気が気になるという人にマットレスベッドはおすすめです。脚が付いている分、床との空間ができるので、通気性も良くなります。全体的にはロータイプのものが多いですが、脚の高さを選べるタイプもあります。ベッドの下を収納スペースにして有効的に活用したい人は、長めの脚を選ぶようにしましょう。マットレスベッドは寝ている状態で身体に触れる部分はすべて柔らかいのが特徴のひとつです。ヘッドボードや枠の角など堅い部分が身体に触れるのが気になる人にも好まれます。宮付きベッドや天蓋付きベッドのように場所を取ることが少ないベッドですが、一般的なベッドよりコンパクトなものが多いので、部屋を広めに使いたい人にもおすすめのベッドです。


工夫次第で使い方はいろいろできます

枠やヘッドボードなど余計なものが一切付いていないマットレスベッドは、布団を片付けてしまえばローソファとして使うこともできます。ベッドパッドをマットレスに付けて使用することは多いですが、パッドではなくマットレス全体が覆るカバーも出ています。カラフルなものが揃っているので、部屋に合わせたカバーを装着すれば汚れに対応できるだけでなく、ローソファとして雰囲気を変えて使いやすくなります。部屋の中心部に置いても使いやすいですが、壁際に置くことで壁を背もたれの代わりにして、クッションを置いておしゃれに使いましょう。マットレスベッドをソファとして使うと、ワンルームなど家具をたくさん置けない場合には重宝です。また、分割タイプのマットレスベッドを購入すれば、2つのローソファとして代用することもできます。シングルやセミダブルなどコンパクトなサイズが多いですが、ぴったり並べて使いやすいという特徴があるので、シングルを2台並べて広く使ったり、分割タイプを数台使用してオリジナルのサイズ展開をしたりという使い方も可能です。自分の生活スタイルや好みに合わせて自由に使ってみましょう。


マットレスベッドを選ぶ時のポイントは?

脚の高さが選べる場合には、実際に搬入する場所に合った高さのものを選びましょう。脚の部分を自分でつけるタイプのものを選ぶ場合には、簡単につけやすいかどうかを確認しておくと失敗を防ぎやすくなります。脚だけ別に購入できるものは、気分に合わせて高さを変えることもできるので、便利に使うこともできます。また、傷んだ時のスペアという使い方も可能です。他の家具と併用して使う時は、サイズを測っておきましょう。ベッドに限らず、家具を購入する時には搬入ルートや配置する場所を事前に測っておくことをおすすめします。マットレスベッドは枠が付いていない分、マット自体も堅さを持たせたものが多い傾向がありますが、寝る面は多少のクッション性があるので、実際に座ってみるなどして自分に合った硬さを選ぶのももちろん重要です。分割タイプは、搬入や移動するには楽ですが、選び方を間違えると就寝時中に隙間が空いてしまうこともあります。分割タイプを使う場合や何台か並べて使う場合には寝ている時にも離れてしまわないよう、ピッタリ並べられるかどうかをチェックしましょう。枠が無い分汚れやすいという面も考慮するなら、カバーができるサイズであることもポイントです。