新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

2段ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

子供用ベッドとしての2段ベッド

家族が健康で過ごしていくためには、睡眠は重要な要素です。快適な睡眠は生活の基本になります。そのため、ベッド選びは慎重に行いたいものです。ベッドにはさまざまな種類がありますが、子供用のベッドを選ぶ場合は2段ベッドも選択肢の1つになります。2段ベッドの特徴は、2人の子供が同じ部屋で眠ることができることです。2段になっていることで、子供部屋のスペースを有効に活用することができるようになります。2人の兄弟姉妹が同じ部屋で過ごす時間が増えますので、教育上のメリットがあるといわれています。
子供用の2段ベッドを購入しようとして家具店に行くと、多くの種類が販売されています。そのため、どれにしようかと迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、2段ベッドを選ぶ場合のポイントを3つご紹介します。1つ目は耐荷重性能、2つ目は耐震性能、そして3つ目は塗装です。いずれも子供の安全を守り快適な睡眠を確保して健康に過ごせるようにするためには重要なポイントとなります。3つのポイントに注目して失敗しない2段ベッド選びをしましょう。


2段ベッドを選ぶ場合は耐荷重がポイント

2段ベッド選びのポイントの1つ目は耐荷重です。耐荷重とは、安全にベッドを使用するためのベッドが耐えられる重さの上限のことです。子供の体重はそれほど重くないので、耐荷重はあまり気にしないという人もいるかもしれませんが、親が添い寝をすることは十分考えられます。そのため、親の体重まで含めた耐荷重があるかどうかを見て判断することがポイントとなります。特に、2段ベッドの上で添い寝をする場合、耐荷重が少ないと壊れてしまい、下で眠っている子供が危険にさらされることになります。
一般的な2段ベッドの耐荷重は80キログラムから100キログラムで、大人1人であれば十分な耐荷重になっていますが、子供が成長して体重が重くなると添い寝などの場合に不安があります。そのため、できる限り高耐荷重の2段ベッドを選ぶことをおすすめします。2段ベッドの中には耐荷重が300キログラムや400キログラムというものもあります。第三者機関の耐荷重試験が行われていることも確認した上で選ぶとよいでしょう。また、高さが調整できるタイプのものがありますが、高くしても耐荷重性能が変わらないかについてもチェックしておく必要があります。


2段ベッドを選ぶ場合は耐震性能もポイント

2段ベッドを選ぶ場合の2つ目のポイントは耐震性能です。日本は地震国で、大地震が予想される地域以外でも突然大地震に見舞われる可能性は否定できません。子供の安全を守るという観点から、耐震仕様の2段ベッドを選ぶことをおすすめします。特に、子供部屋で2段ベッドを使用している家庭の場合は、親の寝室と子供部屋が別になっているのが一般的です。地震が発生した瞬間に子供部屋に駆け付けることは難しくなります。そのため、耐震仕様の2段ベッドを選ぶことで子供の安全を確保することが大切になるのです。
耐震仕様のポイントは、上段と下段をつなぐ部分の強度です。耐震性能の高い2段ベッドの場合は、連結部分に耐震金具が使用されていて、4カ所の連結部分をすべて横ビスで固定しているのが一般的です。そういった連結方法をとることで横揺れにも強くなります。第三者機関の耐荷重試験をクリアしているかどうかと合わせて、耐震金具の使用などもチェックすることをおすすめします。耐震性能が高いベッドを選ぶと、結果的に長持ちするというメリットも得られるでしょう。


2段ベッド選びは塗装にも注意が必要

2段ベッドを選ぶ場合のポイントの3つ目は塗装です。ベッドの構造を支える骨組みにあたる部分は、木製・鉄製にかかわらず手垢やシミなどから守るために塗装が施されているのが一般的です。子供が毎日長時間使用する家具ですので安全であることが大切です。そのため、体に優しい塗料で塗装されているかどうかをチェックして選ぶ必要があるでしょう。
ポイントはシックハウス症候群を引き起こす可能性がある有害物質や、ホルムアルデヒドなどの発散量が少ないものを選ぶことです。発散量を知るためには、JISと呼ばれる日本工業標準調査会やJASと呼ばれる日本農林規格、さらには国土交通省が認定しているランクを参考にするとよいでしょう。「F☆☆」という最高ランクに該当する2段ベッドを選ぶことをおすすめします。ランクが低くなると☆の数が減ります。デザインだけに注目して2段ベッドを選んだ結果、ベッドの塗装剤が原因で子供がアレルギーを起こしてしまったら本末転倒です。低ホルムアルデヒドの2段ベッドを選ぶようにしましょう。2段ベッド選びは子供の安全が優先です。