新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

長いベッド ロングベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

副店長からの長い・ロングベッドのご紹介

m(_ _)mこんにちは〜
副店長でございますっ(゜∇゜)
おすすめ商品のご紹介ですっ♪
★★★長い・ロングベッド★★★
身長の高い方でもゆとりの長さで体をゆったり預けてお休み頂けます。
安心して体を預けてぐっすり眠れたら氣持ちの良い朝を迎えられる事でしょう
眠りに差がつくと日中の仕事の効率もきっと上がりますね。
商品の一例ですが、ロングサイズというだけではなく、洗練されたデザインのベッド、高級感のある美しいベッド、
お部屋を広く見せるベッド、棚・照明付き収納ベッド、ロングポケットコイルマットレスベッド、等多数、取り揃えてお待ちしております。
申し訳ございませんが、ロング布団のご用意は今のところ、ございません。ご了承下さいませ。
ありがとうございましたm(_ _)m


ロングベッドの特徴

ロングベッドまたは長いベッドはマットレスの長さが206cmあります。通常のマットレスの長さは195cmなので、それと比較すると11cm長くなります。ですから、普通のベッドでは足が出てしまう、ヘッドボードに頭や腕が当たってしまうという、背の高い人におすすめのベッドです。一般的にマットレスの大きさは、横になったときに頭の上に10cm、足の下に10cm程度の余裕があると快適と言われています。しかし、身長が180cm以上の人は、通常のマットレスだと上下合わせて15cm以下しか余裕がなく、窮屈な寝心地になってしまいます。また、もっと背の低い方でも腕を上げて寝る癖がある人や、寝返りの多い人などで、ヘッドボードにぶつかりやすいといった人などにもロングベッドはおすすめです。ロングベッドとして使用できるベッドの中には、10cm単位で伸縮自在なものもあり、最大210cmまで長くすることができるベッドもあります。専用の伸縮自在なマットレスも付いて、体格に合わせた長さでベッドを使用できるため、成長期のお子様や身長が190cmくらいある人にも対応できるベッドです。


ロングベッドの利点

ロングベッドの利点は、通常のベッドではヘッドボードに頭や腕が当たる、足が出るといった悩みを抱えている方が、快適で質の良い睡眠をとれるという点です。例えば、足がベッドからはみ出してしまうと、マットレスと掛け布団の間に隙間ができてしまい、寝ている間に足が冷えてしまったり、足の先に重りを付けて寝ているようなものなので、足や腰に負担がかかり腰痛などの原因になったりする可能性もあります。これを避けるために常に体を縮めて眠らなければならないのも、かなりのストレスになるでしょう。ですから、今まで通常のベッドを使用していて長さが足りないと感じていた人や、身長が180cm以上ある人で布団からベッドに買い換えようと考えている人は、長いベッドを検討してみてください。また、身長がそこまで高くない人でも、寝室が十分に広く、手足を伸ばしてのびのびと眠りたいという場合にはロングベッドが良いでしょう。収納付きのロングベッドを選べば、その長さの分、収納も増えて便利です。


ロングベッドの欠点

ロングベッドの欠点としては、通常のベッドよりも場所をとるということがあります。先述のように、日本のマットレスの標準の長さは195cmなので、部屋の間取りなどもその大きさを考慮して設計されていることがあります。普通のベッドならすっぽり収まるスペースでも、ロングベッドは入らないなどということもあるので気をつけましょう。また、ベッドはそれ自体が大きな家具ですから、小さな部屋では圧迫感を与えることがあり、長いベッドではなおさらです。そんなときには、視覚効果で部屋を広く見せるフロアベッドを選ぶことで圧迫感を軽減することができるでしょう。日中はソファの形に変形して実際の生活スペースを広げることのできるソファベッドの中にも200cm以上の長さのものがあり、来客があるときにはソファの形にすることですっきりとした見た目にしてくれます。しかし、ロングベッドは製品自体が通常のベッドよりも少ないため、マットレスなどの選択肢は少ない傾向があります。そんなときには、好みのスタンダードサイズのマットレスに約10cmのロングアダプターをつけて使用することもでき、マットレスにこだわりのある人におすすめです。


ロングベッドの選び方

ロングベッドを選ぶ際には、部屋のレイアウトに気をつけましょう。これまでスタンダードな長さの、枕元に棚のないタイプのベッドを使用していた場合、棚付きのロングベッドを選ぶと20cm以上長くなるため、ドアの開け閉めの邪魔になるとか、他の家具とのレイアウトなどを変えなければならない場合も考慮する必要があります。ファミリーベッドや、ダブルベッド、夫婦でツインのベッドルームを考えている場合にも、夫婦のどちらかが背が高いときには、ロングベッドが良いでしょう。背が高い人にベッドの長さを合わせることで、家族や夫婦のみんなが快適に眠れる上に、ツインのベッドルームでも、ベッドの長さを合わせることで家具の統一感が生まれます。日本人も身長の高い人が増えてきたため、ロングベッドも棚やコンセント、収納付き、ロフトタイプなど、さまざまな種類のロングベッドが選べるようになってきました。面積の大きなロングベッドを選びたいと考えている人の中には安眠を求めている人が多いと思いますが、マットレスもポケットコイルやボンネルコイルなどを選ぶことができる製品もあるので、好みに合わせた寝心地を選べます。