新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

スエードソファ

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

スエードソファとは

スエードソファとは表面がスエード調の加工をされたソファや天然のスエードでつくられたソファを指します。表面をスエード調に加工したものは、マイクロファイバーの布地に合成樹脂をふくませた人工皮革を使ったものがほとんどです。染色が容易であることから、衣類や靴などにも使われることが多く、動物愛護の観点からも広く支持されるようになりました。一方、天然のスエードは子牛や山羊革をメインに起毛加工したものをいいます。スエードの名称は、発祥の地「スエーデン」から来ており、表面が柔らかいものは高級品として取り扱われます。一般的にスエードソファには、人口のスエードでつくられたものが多く出回っています。人工的に作るため、スエードの大きさや形に制約がなくさまざまなタイプのソファで活用可能。品質も均一に保てる点や比較的安価に手に入る点も人口スエードの魅力として上げられるでしょう。


スエードソファのメリットデメリット

スエードソファのメリットは汚れにくいという点です。なにか液体をこぼしても布張りのソファほど液体を吸い込まないので、拭けば大体の汚れは取ることができます。少し汚れや匂いがひどい時には、重曹を使って軽くふき取ると綺麗になるでしょう。そのため、汚れや食べこぼしが気になる小さい子供がいる家庭におすすめです。天然のスエードの場合は特に、ほこりが起こりにくくアトピーやダニが気になる人も安心して使用できます。本革ならではの耐久性の高さと使うごとに味わいのある雰囲気で、長く愛用できるのも嬉しい点です。また、冬の寒い時期はスエード調ならではの優しい肌触りで、座り心地の良さを感じることができます。肌に吸い付くような独特の感触はスエードの魅力ともいえるものです。しかし、その一方で夏、気温が上がる時期には肌と触れる部分で汗がたまりやすいという面もあります。商品ごとにスエードソファの肌触りは微妙な違いがあるので確認しておきたいですね。


ファミリー層のためのスエードソファのレイアウト例

起毛加工されたようなスエード調の素材は、それだけで独特の存在感があります。シンプルでスタンダードなソファタイプだったとしても、素材感で個性が出せ、部屋全体がおしゃれに仕上がるでしょう。カジュアルでありながら品の良さも感じられるので、北欧風やカフェ風、ナチュラル系などさまざまな部屋の雰囲気に合わせることができます。また、ソファタイプも、カウチソファやフロアソファ、コーナーソファなど種類が豊富。温かみのある素材なので、冬にはフロアソファを選び、こたつと合わせる方法もありますね。季節感が出せることと、スエードソファを中心に家族団らんを楽しめるのが魅力。フロアソファであれば、高さがないぶん部屋の圧迫感を軽減でき、広さにかかわらずレイアウト可能です。スタイリッシュな空間を作りたいという人は、カウチタイプのスエードソファを大胆に部屋の中央へレイアウトしても良いでしょう。リビング空間とダイニング空間をソファで仕切るスタイルになり、そのほかの家具も設置しやすいというメリットがあります。その際、スエードソファに合わせるラグは雰囲気の合う物を選びましょう。籐や麻など涼しげなタイプのラグとはミスマッチになってしまうので注意が必要です。


一人暮らしのためのスエードソファのレイアウト例

一人暮らしの場合、部屋の広さは限られますが部屋を自分好みにアレンジしやすいという面があります。木肘が付いた黒やグリーンなどのスエードソファを使って部屋全体をレトロな雰囲気にするのはいかがでしょうか。木肘がついているため全体がすっきりとした印象で、夏でも違和感がありません。キルティングとボタン加工の背もたれのものを選べば、レトロなカフェにいるような演出が可能です。テーブルを選ぶときは、ソファの木肘の色に合わせて選ぶと失敗がありませんよ。また、木目調の部屋なら赤など女性らしい色のスエードソファを使って、北欧風に仕上げることもできます。ナチュラルカラーにスエード調の素材感がマッチしシンプルでもおしゃれな空間に仕上がるでしょう。ナチュラルカラーの部屋なら木肘付きでも無しでも、どちらでも相性抜群です。さらに、より一人の空間を楽しみたい人には一人用のスエードソファもおすすめです。柔らかいラグを敷いたり、観葉植物を置いたりして自分だけの癒しの空間を作ることが可能。リクライニング機能が付いたものなら、よりゆったりとした姿勢とスエード調ならではの肌触りのよさで、包み込まれるようなリラックスタイムに。優しいオレンジ色の間接照明を置けば、エステやスパにいるような雰囲気も味わえますよ。