新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

ベッド

ベッド
並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

副店長からのベッドのご紹介

こんにちは 副店長でございますっ(≧∇≦)
商品のご紹介ですっ♪
★★ベッド★★

勉強やお仕事を頑張って家に帰ってほっとするひとときを包み込んでくれる、疲れを癒してくれる、そんなベッドをお探しでしょうか?
当店では種類も豊富に取り揃えております。
ベッドの役割は眠るだけにとどまらず、低いデザインでお部屋を広く演出できるもの、収納性を高くしたベッド、棚やコンセントが付いて使いやすいベッド、等がございます。
デザイン性の高いおしゃれなベッド、すっきりシンプルでモダンなベッド、北欧ヴィンテージ風デザインベッド、優美で高級感があり洗練されたベッド、
収納力と機能美のあるハイクラスのベッド、佇まいの美しい棚・コンセント付きベッド、南国のリゾート風アバカベッド、等々たくさん取り揃えております♪
どうぞごゆっくりお選び下さいませm(_ _)m
ありがとうございましたm(_ _)m


ベッドフレームとマットレス

一般的にベッドと呼ばれているものは、ベッドフレームとマットレスの2つのパーツで成り立っています。ベッドフレームは、ベッド全体の印象を大きく左右するパーツです。デザインやカラーはもちろん、使用されている素材によってベッドの印象は変わります。部屋の雰囲気にマッチするベッドフレームを見つけることで、一体感のあるコーディネイトとなるはずです。また、マットレスは寝心地に大きな影響があります。マットレスは構造や品質を確認し、自分に合ったタイプを購入することが大切です。身体にフィットしたマットレスを選ぶことで、質の良い睡眠を取ることが可能となるでしょう。


ベッドフレームの選び方

ベッドフレームには様々な種類があります。デザインや品質、機能など、何を重視したいかを明確にすることで、あなたにぴったりのベッドフレームが見えてきます。例えば、部屋のインテリアを北欧風で統一しているのであれば、ベッドフレームも木の素材を活かしたナチュラルなデザインが良いでしょう。北欧風のベッドフレームは床板がすのこになっているものがありますが、これは湿気を逃がす効果があります。湿気が溜まりやすい梅雨時なども快適にベッドを使うことができるでしょう。また、ベッドの上で読書をしたいのであれば、照明や小物を置く棚が付いているタイプがおすすめです。ヘッドボードに照明が付いているタイプはもちろん、足元を照らすフットランプスタイルも人気となっています。眠り姫では、より多くの人に満足して頂けるよう、様々な特徴を持ったベッドフレームをご用意しています。気になるジャンルをぜひチェックしてみてください。


マットレスの重要性

ベッドを購入するうえでは、マットレス選びも重要です。上質なマットレスは、安眠できることはもちろん、腰痛などの身体の不調を解消する効果もあります。眠り姫では、持ち運びが便利なタイプからフランス産の高品質タイプのものまで、幅広いラインナップを揃えております。また、マットレスの構造はそれぞれ異なっており、硬さもいろいろです。畳のような硬めの素材が寝やすい人もいれば、包み込まれるような柔らかめを好む人もいるように、寝心地が良いと感じるマットレスの種類は人によって変わります。当店ではマットレスの構造や特徴を細かく紹介しておりますので、ラインナップの中から自分にぴったりの一枚を見つけてみてください。


ベッドフレームで人気の機能

ベッドフレームで人気が高い機能のひとつに、ベッド下収納があります。ベッドは非常に存在感のある家具で、広いスペースを必要とします。そこでベッド下を収納として使用することで、限られたスペースを有効活用することが可能となるのです。ベッド下収納の主流は、引き出しです。両側から引き出せるタイプや複数段引き出しが備わっているタイプなどがあり、用途や部屋の大きさに合わせて選ぶことができます。また、部屋が狭く引き出せないときには、ガス圧式でマットレスごと上に持ち上げるタイプの収納もあります。ベッド下収納には洋服や毛布などを収納できますが、注意すべき点があります。それはベッドが高くなればなるほど、部屋が狭く見える点です。ベッド下収納のスペースが充実しているほど、ベッドの高さも高くなります。ベッドが高くなれば、その分圧迫感が増し、部屋が狭く見える場合があります。スペースを有効活用するためには、ベッド下収納の確保は非常に有益です。ですから、圧迫感が出ないよう高さとのバランスを考えてベッドフレームを選ぶことが重要となります。


ベッドサイズの選び方


ベッド選びで最も大切なことのひとつに、サイズの選び方が挙げられます。一般的にベッドのサイズはセミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キングの6種類です。セミシングルは約80cm幅となっており、小柄な女性や子ども向けのサイズです。1人用ベッドとしてスタンダードなサイズはシングルで、約100cm幅です。次に、約120cmのセミダブルとなります。ダブルという名前ではありますが、大人二人が寝るのは難しく、1人で広々と寝たい人にぴったりのサイズとなっています。また、ダブルも約140cm幅ですが、大人2人では狭く感じる人が多いようです。約180cmのクイーンサイズになれば、大人二人でも気兼ねなく寝ることができるでしょう。キングサイズは約200cmとなっており、ベッドサイズの中では最大幅です。もしキングサイズ以上のベッドを購入したいのであれば、ベッドを連結させて、さらに大きなサイズにできるジョイントタイプがおすすめです。