新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

ショートベッド 短いベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ショート丈セミシングルベッド について

眠る場所は最小限にしてお部屋を広く使いたい。小柄なのでベッドは小さくてもいいかな。
子供部屋に小さいベッドが欲しい。
そんな方におすすめなのがショート丈のセミシングルベッドです。

シングルベッドの幅は通常100cmくらいです。セミシングルベッドはそれより10cm程度狭い90cm前後になります。
SSサイズと表記してあることもあります。
同じセミシングルサイズでもモデルによって多少違いがあり、中には80cmくらいのものもあります。

そのセミシングルベッドの丈を短くしたものがセミシングルのショートベッドです。
通常のシングルベッドのマットレスは丈が195cmくらいです。ショート丈のベッドはそれよりも15cm程短い180cm。縦横ともに10〜15cmくらい短くなり、実際の見た目もシングルベッドに比べて一回り小さくなります。

セミシングルのショートベッドの魅力は何と言ってもそのコンパクトさです。
狭いお部屋でも使えるスペースを広くとりたい、ベッドを置きたい場所の丈が通常のシングルサイズ丈だと収まらない、体格も小柄だし眠る場所は最小限で問題無い、といったご要望にはぴったりのタイプです。

ただこうしたセミシングルベッドでショート丈のものは一般的なサイズではないので、サイズが合うシーツやベッドパッドなどが少ないということもあります。ベッドは通販で買ってリネンなどはお気に入りの実店舗に行って探そうと思っても、行ってみたら合うサイズを置いていなかったということもあります。ご購入の際は、そうした用品も一緒にお求めになると後で困ることもありません。

また、マットレスの長さは180cmでも、ヘッドボードやフットボード付きのモデルはその分丈も長くなります。
置く場所が180cmギリギリなら、セミショートシングルでもヘッドボードなどが付いていないマットレスタイプでないと置けないなど注意も必要です。

セミシングルのショートベッドでさらにスペースを有効活用するなら、収納付きタイプもございます。
ベッドで占有されてしまうスペースも荷物を収納できる空間として活用できるのでおすすめです。

ベッドの中でもちょっと特別なセミシングルのショートベッド。
気になる商品が見つかったら実際の寸法の確認もお忘れなく。




ショートベッド・短いベッドについて

ショートベッドとは、マットレスの全長が180cm程度のベッドを指します。
一般的なマットレスは、全長が195cm程あります。
小柄な女性、お子様向けに、短いベッドが開発されました。




ショートベッド・短いベッドの利点について

ショートベッドの最大の利点は、全長が短い事による、設置面積の小ささです。
全長が短いため、一般のベッドは配置出来ない場所にも設置出来ます。
設置面積が小さくて済む分、部屋のスペースをその他に有効利用出来ます。
無駄に長いマットレスは、不要なのです。




ショートベッド・短いベッドの欠点について

短いベッドの欠点は、何と言っても、大きさが一般的ではないので、ボックスシーツや敷きパットが入手しにくい点です。
この欠点は、当サイトで専用のボックスシーツ、敷きパットを販売しているので大きな問題ではありません。




副店長からの短い・ショートベッドのご紹介

こんにちは〜副店長でございますっ♪
オススメ商品のご紹介ですっm(_ _)m
★★短い・ショートベッド★★
小柄な方の背丈に合わせたベッドです。
フレンチカントリー風にデザインされた温かみのある優しい雰囲気のベッドや、たくさん飾り立てることはなくても柔らかくて落ち着いた雰囲気を演出してくれるベッドがございます。
通常のベッドより短くできているのでお部屋のスペースも有効に活用できます。
お子さま用ベッドとしても最適です。
商品の一例ですが、ショート丈でありながら機能的に収納が可能なベッド、7段階で長さが選べるベッド、美しい木の温もりが柔らかい雰囲気のベッド、
ショート丈マットレスベッド、ショート丈天然木カントリー調コンセント付き収納ベッド、のびのびロフトベッド等、
豊富に取り揃えてお待ちしております。
尚、ショート丈お布団のご用意は今のところございません。ご了承下さいませ。
ありがとうございましたm(_ _)m




ショートベッドの選び方

短いベッドを選ぶ時にどのようなことに気をつけるべきか、
選び方として注目する点に、部屋の間取り、デザイン、自分の寝る癖などが挙げられます。

部屋の間取りは、ショートベッドをどのように配置するかを決める際に、必ず把握しておくべき条件でしょう。
短いベッドのため、部屋に入りきらないとか、ベッドがクローゼットに近すぎて扉の開け閉めが
できないといった問題に出くわすことは少ないでしょう。
しかし、どのように配置するかで部屋の雰囲気や動線なども大きく変わってくるため、
あらかじめ間取りを把握しておいた上でベッドを選ぶことが賢明です。

デザインは部屋の雰囲気を決めるものです。色彩心理学なども考慮していろいろ考え始めると、
簡単には選びきれなくなりますが、例えば、落ち着いてゆっくり寝たいのであれば、
こげ茶色や黒など少し暗めの色調をしているものや、青系の色を選ぶと安眠効果が得られるかもしれません。
また、かわいらしい雰囲気を演出したいのであれば、形としては丸みを帯びたデザインが好まれます。

自分の寝る癖は意識しづらいものですが、例えば、朝起きると逆さを向いて寝てしまっていたというような
寝相の激しい方であれば、短いベッドは選ばないほうがいいかもしれません。
寝相を無理に抑えてしまうと腰痛などの健康被害に繋がる恐れがあります。
さほど動きがないようであればショートベッドでも安全に眠ることができることでしょう。




ショートベッドを買ったらしたい!オススメのオプション

一人暮らしではワンルームや1Kなどのコンパクトな間取りを選ぶことが多いでしょうが、
やはり狭いと不便なことも出てくるようです。
実際住んでみると、パソコンなどを使うスペースが確保できなかったり、
テレビ台を置く位置に困ったりすることもあるかもしれません。
ベッドは寝るための家具であり、そのためだけに多くのスペースを占領してしまうのは
少々もったいないことでしょう。ショートベッドはそのような状況にピッタリの寝具です。
限りある範囲で重宝されますが、オプションの機能次第で更にこの利点を活かすことができます。

オススメのオプションは、一つはベッド下収納です。
ベッド下に棚がついたものにすれば、ショートベッドのスペースを丸ごと引き出しとして
使用することができます。
寝具であるベッドに収納機能をつけ足すことにより、スペースの有効活用という
ショートベッドの強みをより活かすことができます。
また、マットレスの下に設置するフレームの幅を広めにとっておくことにより、
余った部分をサイドテーブルとして利用することができます。
サイドテーブル部分を設けておくことにより、ベッド回りにさまざまな物が置けて
非常に効率的になります。例えば夜寝るときに、電気を消そうと一度起きてリモコンまで
手を伸ばすというような手間をかけなくてもよくなります。




短いベッドを使う時の問題と、対応について

短いベッドを購入しようと考えても、実際どのように使えるのかわからない、
よく眠れるのかなど不安を感じる方もいるでしょう。
考えられる不利益と、その時の対処法について考えてみましょう。

短いベッドになると考えられるのが、動きが制限されるという点です。
寝がえりはシングルとさほど変わりありませんが、長さが短い分寝相の激しい方は
不自由な感じを覚えることもあるかもしれません。
そのような時は、マットレスの硬さや形に注目してみましょう。
寝相をうってしまう原因の一つとして、同じ姿勢を続けることにより
起こる局所の血流不全です。
血流不全は痛みなどを惹き起こす原因となります。
それを防ぐため、身体が無意識に反応して血流改善を図ろうと寝がえりをするといわれています。
この血流不全は、身体とマットレスの接地部位の圧によって起こります。
腰や肩などに圧が集中すると、その部位が血流不全を起こし痛みが起きるため、
この圧を分散させる必要があります。そこで、身体の凹凸にあった形状や硬さを選ぶことにより
この問題の解決に繋がります。

ベッドにはどれも一長一短あるものですが、多くは考え方や工夫次第で解決できるでしょう。




ショートベッドを使った生活のイメージ

寝具に限らず、家具を購入する際はそれらをどのように使用するかイメージを持っておくとよいでしょう。
イメージが具体的であればあるほど、選ぶ際に困りにくくなります。
ショートベッドを利用する方はどのような方で、どのような生活を送るためにそれを購入するのでしょうか。
そのようなイメージ作りのために、具体的に考えていきましょう。

例えば、女性の一人暮らしです。基本的に男性に比べ女性は小柄な方が多くみられます。
そうなるとショートベッドの利用は女性の方が多いといえるかもしれません。
ショートベッドを部屋に入れることで寝室の確保と同時に、インテリアとして部屋の雰囲気を演出することができます。
ベッド自体がコンパクトな分、周りの環境も整えやすくなっています。
ベッドのそばにミニテーブルを置いて、その上で観葉植物などを育てるのも良いでしょう。
植物を育てることで精神的なゆとりができるともいわれており、精神衛生を保つことにも役立つでしょう。
化粧道具などをベッドの近くに置いておけば、寝る前に化粧水を塗ったり顔パックをしたりという
作業もしやすいかもしれません。

このように具体的にイメージしておけば、より納得のいく商品選びができることでしょう。




短いベッドのおすすめポイント

お部屋があまり広くないので、ベッドは置きたいけどスペースが取られるのがイヤ。
子供部屋なので大人用のベッドでは大きすぎる。

そんなお悩みやご要望をお持ちのあなたには丈の短いベッドがおすすめです。

ただこの短いベッドは身長が160cmくらいまでの方におすすめするものです。
これより身長のある方はベッドが短いと足元や頭がベッドギリギリになってしまい、窮屈に感じてしまいます。そのような方で丈の短いベッドをお探しの場合はヘッドボードの無いマットレスベッドだと一般的なベッド丈でも短めのサイズとなります。

ベッドの丈は195cmが一般的です。これに対し短いベッドの丈は180cmです。
通常のベッドよりも15cmくらい丈が短いので、狭いお部屋でも置きやすいのが魅力です。
マンションなどではお部屋の角に柱が出っ張っていることがあります。
そのような場合、通常のベッドだと置きたくても柱が邪魔で置けないという残念な思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。でもこの丈の短いベッドならちょうど置けるサイズだったりします。
置く場所で悩まなくてよいのは助かりますね。

ベッドが短いと寝心地はどう?
スペースは取りたくないけど、だからといって寝心地は犠牲にしたくない。そう思いますよね。
実際寝心地はどうなのでしょうか。
快適に眠れるベッドの要件として重要なのは実は丈よりも幅なのです。高身長でなければベッドの丈は180cmでも寝心地には影響しません。それよりも幅がどうかで快適に眠れるかが決まってきます。シングルベッドの幅は90cmくらいなので、この幅があれば丈の短いベッドでも快適に眠ることができます。

マットレスも一緒に購入がおすすめ
丈の短いベッドは通常のサイズに比べるとマットレスの選択肢が少ないということがあります。
フレームだけ買って、マットレスは別に選ぼうと思うと合うサイズが見つからないことも。
なので短いベッドをお考えの方は購入の際、マットレスも一緒に購入することをおすすめします。
通販ならお好みの固さや寝心地を選べて、かつぴったりのサイズのマットレスをフレームと一緒にご案内しているのでぜひ探してみてくださいね。

残念ながら背の高い方にはおすすめできませんが、身長が問題ないくてお部屋を広く使いたいという方はぜひ丈の短いベッドを検討してみてはいかがでしょうか。