新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

ダイニングチェア

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ダイニングを飾る重要なアイテムのひとつがダイニングチェアです。

イスの選び方によって、ダイニングは彩りある華やかなものにも、
あるいはシンプルで清潔感にあふれたものにもなるでしょう。

いわばその家庭の個性を象徴するアイテムともなり得るのがダイニングチェアなのです。

長くつきあうものなので、デザインだけで選ぶわけにもいきません。

大切なダイニングチェアについて、特徴や種類、選び方などを説明します。



ダイニングチェアのタイプについて



ダイニングチェアには、一般的なシンプルな木製ものから、
ソファータイプのものまで、さまざまタイプのものがあります。

形としては背もたれのついたタイプのものが一般的です。

背もたれがあるほうが、長い時間を座っていても疲れにくいというメリットがあります。

ダイニングに取れるスペースがあまりない場合には、背もたれのないタイプも便利です。

長時間の使用には向きませんが場所をとらず、空間を有効に使うことができるでしょう。

スペースをとらないという点では、回転式のダイニングチェアも便利です。

回転して向きを変えることができるため引き出す必要がなく、スペースをとりません。

またベンチタイプのイスを利用するのも面白いでしょう。

イスとイスの間にできるムダな空間がないので、2人で座る程度の
スペースに3人座ることもできます。

ただし背もたれがないので、くつろぐことは難しいでしょう。

ソファータイプのものは、くつろいで座れるというメリットがあります。

ただしサイズが大きく重いので、掃除などのとき移動しにくいのは否めません。

アームレストのついたタイプのほうがくつろげますが、やはり
ダイニングにある程度のスペースを要求します。

いずれにしても、ダイニングチェアは食事の場で使うものですから、
あまりくつろぎ過ぎるものも合いません。

とはいえ仕事用のイスのようにキッチリし過ぎていてもよくないでしょう。



ダイニングチェアの選び方



ダイニングチェアを選ぶ場合は、まず置く場所を考慮する必要があります。

その場合、ダイニングテーブルと合わせて考える必要がありますが、
単にサイズだけで判断するわけにはいきません。

たとえばアームレストがついているタイプであれば、
テーブルの下に収められない場合もあり、
狭いダイニングでは邪魔になるかもしれません。

逆に背もたれもついていないタイプのものならば、
テーブルの下にきれいに収めることができ、食事以外のときに
かなりのスペースを確保することができるでしょう。

購入してから後悔しないためにも、タイプ別に、
テーブルとイスが必要とする空間を検討しつつ選ぶ必要があります。

つぎに用途に合ったものを選ぶことも大切です。

小さい子どもや高齢者がいる場合は、回転式のダイニングチェアがあると便利です。

イスを引き出す必要がなく、立ったり座ったりを楽にすることができます。

高齢者がいる場合は、アームレストがあったほうが喜ばれるでしょう。

幼い子どもがいる家庭ならば、手入れのしやすいタイプを選ぶほうが無難です。

布製よりは合成皮革、あるいは木製のほうが汚れをきれいに拭き取ることができます。

もちろんデザインも大切です。

長くつき合うことになるアイテムですので、
自分のお気に入りの、そして飽きのこないものを選んでください。



座面が合皮か布製のシンプルな木製チェアを選んでみる



木製のシンプルなダイニングチェアは、種類も多く実用的であり選ぶのに事欠きません。

価格がリーズナブルなものも多く、デザインさえ選り好みしなければ、
ほぼ用途に合ったものが見つかるでしょう。

テーブルとセットであればデザインも統一されて、見た目にも、
よりすっきりとします。

張り地は合成皮革のものや布製のものがほとんどですが、
幼い子どものいる家庭では汚れが拭き取りやすい合成皮革のほうがおすすめです。

またアームレストのついたタイプのものでも、セット商品であればテーブルの
下に収納できるものも多いので、スペースの心配がない商品を探すのも容易でしょう。

シンプルすぎると考える場合は、座面にカバーで個性や華やかさを出すという方法もあります。

何種類ものカラーがある座面カバーを用意したダイニングチェアもありますので、
そういったタイプを選ぶとよいでしょう。

取り外しのできるカバーをつければ、汚れた場合にすぐに洗濯できるというメリットもあります。

子どもがまだ小さな家庭では、価格が手ごろな座面が合皮か
布製のダイニングチェアにしてみることは、汚れが落としやすい、
また将来的に買い替えも考慮できるという点で、よい選択となります。



大人の家庭には、アンティークなダイニングチェアを



家庭内に幼い子どもがなく、あるいは子どもが巣立って夫婦2人きりで
過ごすようになった落ち着いた家庭のダイニングには、
アンティークなダイニングチェアが似合います。

アンティークなタイプならば、マホガニーなどの確かな素材を使ったもの、
職人がひとつひとつ手作りで丁寧に作り上げたものを選びたいものです。

優雅で気品あるアンティークなダイニングチェアで、大人の空間を作り出せば、
今まで以上に生活に豊かさが増すことでしょう。

手掘りをほどこしたアンティークチェアには、ひとつひとつにユニークな味わいがあり、
見ているだけでも楽しくなってくるものです。

とくに世界3大銘木のひとつ、マホガニー材を使ったものならば、
手触りも格別です。座面の張り地はやはり、手触りの優しい布地がいいのではないでしょうか。

格調あるシックな風合いのある織りのあるものならば、見た目にもぜいたくさが味わえます。

場所は多少とりますが、アームレストのあるタイプならば、さらにくつろぐことができます。

夫婦水入らずの空間を、アンティークなダイニングチェアでぜいたくに演出してみることは、
新鮮な喜びを呼ぶことに役立つでしょう。

格式のあるデザインのアンティークチェアをそろえておけば、
ステータスの高いお客様も迎えることにも、きっと役立ちます。



北欧デザインチェアでダイニングに彩りを



ダイニングのスペースと用途に問題なければ、自分の好みに合ったデザインチェアを選んで、
個性にあふれたダイニングを演出してみたいものです。

たとえば北欧風の、シンプルでありながら美しくモダン、
それでいて生活になじむデザインのものを選べば、ダイニングを落ち着きがありながらも
おしゃれな空間にすることができます。

北欧風のダイニングチェアはデザインも優れていますが、
人の身体にフィットする曲線なども取り入れられているので、
実用的でもあります。

デザインの素晴らしさから、1脚で使うこともできるので、
リビングなどに持ち込んで読書やテレビ鑑賞用に使うといった用途も考えられるのです。

まさに北欧風のデザインチェアは、生活に溶け込む万能チェアといえるでしょう。

柔らかな曲線を持つものも多いので、身体を休ませるだけではなく、
使う者の気持ちをもくつろがせてくれるところが、北欧デザインの魅力です。

もしダイニングそのものがナチュラルなデザインであるのならば、
北欧デザインのダイニングチェアは、そのナチュラルな雰囲気を、
よりいっそう引き立ててくれることでしょう。



現代家具デザインの元のひとつ、ウィンザーチェアをダイニングに



ある意味、ダイニングチェアの代表格ともいえるのがウィンザーチェアです。

18世紀ころからイギリスのウィンザー地方で職人の手で作られていたウィンザーチェアは、
工業化が進むことにより大量生産されるようになりました。

さまざまなデザインが生まれ、やがてアメリカにも渡ってアメリカ製の
ウィンザーチェアが作られるようになったのです。

このようにイギリスタイプとアメリカタイプに分かれたウィンザーチェアですが、
特徴としてはシンプルかつ丈夫であるということがあげられます。

座面は厚い木製で布地などは張られていなく、背もたれの部分は
背板ではなく何本ものスティックが座面から伸びているタイプが多いようです。

ウィンザーチェアは素朴なデザインですが、現代風のシンプルさとは違った、
クラッシックな味わいがあります。

世界中に広まったイスだけあって、丈夫で実用的、そして現在の目から見れば
逆に新鮮なデザインとも受け取ることができるでしょう。

優れたデザインは、現代の家具デザインの元のひとつでもあります。

さらにあの名高い北欧家具に影響を及ぼしたのも、ウィンザーチェアであると
いわれているのです。

ダイニングにウィンザーチェアを並べれば、現代家具デザインの源流を
目にすることができるという満足感を、日々味わうことができるのです。



省スペースにリビングダイニングチェアを活用する



スペースを節約する手段として、ダイニングとリビングの空間を
一緒にするという場合もあるでしょう。

そんなときに役立ってくれるのがリビングダイニングチェアです。

多くの場合、ソファータイプのものがリビングダイニングチェアとして採用されています。

ソファータイプのものならば背中にもクッションがあり、
くつろぐことも可能なので、リビング用としても十分に活躍してくれます。

柔らかすぎないソファであれば、ダイニングチェアとしての役割も果たしてくれるでしょう。

構成に変化をつけ、またリラックス性を高めるためには、
長イスタイプのものを組み合わせるのもひとつの方法です。

そこにベンチタイプなどを加えれば、さまざまなシチュエーションに
使用することができるでしょう。

加えてL字タイプのイスを組み合わせれば、さらにスペースを
有効活用できるようになり、大勢の来客にも対応することが可能となります。



ダイニングという大切な空間に素敵なダイニングチェアを



ダイニングは、家族のくつろぎの場であり、またゲストをもてなす
空間ともなり得る大切な場所です。

そのような大切な空間に配置するイスは、
選ぶにも慎重を期す必要があるでしょう。

ダイニングの許容スペースなどを考慮しつつ、
ダイニングチェアのタイプ毎の特徴を捉えて、
家族構成や用途に合わせて選ぶことが重要となります。

デザインももちろんダイニングチェアを選ぶにあたっての大切な要素のひとつです。

長く一緒に過ごすことになるアイテムですから、自分の好みに合い個性を主張できる、
それでいて飽きのこないデザインを探してみましょう。

お気に入りのダイニングチェアを複数見つけてしまった場合は、
バラバラのデザインを配置してみるということも面白い方法ですので、
ひとつの案として検討してみてください。