新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

子供用ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

子供用ベッド

睡眠の質と子供の成長というものには、非常に大きな関係があります。子供の安眠のために、ベッド選びは慎重に行うことが大切です。今回は、子供用ベッドの選び方やメリットなどについてご紹介します。


こんなにある!子供用ベッドのメリット

子供用ベッドを選ぶ時に最も気になることとして、「どれくらいの大きさのものを選ぶか」ということが挙げられます。子供の成長に合わせてベッドを買い替えることができれば一番良いのかも知れませんが、成長するたびにベッドを買い替えているという人は少ないのではないでしょうか。子供用のベッドを購入する時は、少し先の成長を見越して選ぶのがポイントです。例えば、小学生〜中学生の頃までは無理なく使うことができるサイズのものを選ぶと良いでしょう。また、子供がふたり以上のご家庭に人気があるのが二段ベッドです。二段ベッドは、ベッド一台分の面積で子供二人分の就寝スペースが確保できるため、子ども部屋を広々と有効に活用することができるという点で人気があります。上のお子さまが大きくなると、元々使っていたスペースは収納スペースとして使い続けることもできます。


ちょっと注意してみて!子供用ベッドのデメリット

子供用ベッドも大人用のベッドと同様、メンテナンスが難しいことがデメリットと言えます。従来の布団であれば、天気が良い時に天日干しをするなどして、衛生面に配慮をすることができます。しかし、マットレスの場合は、天日に干すとか、掃除をすることは困難です。喘息やアレルギーのお子さまにとって、ハウスダストやほこりなどは厳禁です。ベッドを購入する時は、布団の材質にこだわることも必要と言えるでしょう。
また、子供用ベッドはスペースが狭いので、大人が添い寝をすることは困難です。幼い子どもをひとりで寝かせる場合には、安全面にも配慮することが大切です。特に、ベッドから落ちないような工夫が必要です。就寝中、万が一ベッドから落ちた場合であってもケガをしないように、ベッドの高さはできるだけ低いものを選ぶと良いでしょう。


長く使える!子供用ベッドの選び方のポイント

子供にとって自分の眠る場所というものは、安心できる場所でなくてはなりません。毎日決まった時間に同じ場所で眠りにつくということは、子供の精神を安定させることにもつながります。これは、子供の身体的な成長だけではなく、心の成長にもつながると言えます。子供用ベッドというのは、子供にとっては「自分だけの」ベッドです。そのため、子供にとってベッドが特別な空間となるということは、大人なら誰でも想像できることではないでしょうか。
先ほども述べたように、ベッドの大きさは、子供がある程度成長しても使い続けることができるものが良いのではないでしょうか。簡単に買い替えることができない自分だけのベッドを持つということで、物を大切にする心を養うことができます。また、ベッドそのものの大きさだけではなく、枕や掛け布団なども、その子供に合ったものを選ぶと子供自身が大切に使ってくれるのではないでしょうか。
サイズや機能性も大切ですが、カラーやデザインなども子供が大切に、長く使うためには必要な要素となります。親と一緒ではなく、こどもがひとりきりで眠るということを考慮すると、ある一定の期間であれば、キャラクターものの布団や枕を購入しても良いでしょう。
さらに、子供用ベッドは、二段ベッド、ロフトベッド、収納付きベッドなどが人気です。子ども部屋のスペースは限られていますので、これらはスペースを有効活用できるという点で人気があります。特に、ロフトベッドや収納付きベッドは小学生に人気です。小学生になると、教科書や通学用の鞄など、学校で必要な道具が増えます。子供部屋には、これらを整理整頓し、収納することができるスペースが必要となります。ロフトベッドや収納付きベッドは、学校で使う教科書や道具をある程度収納することが可能です。
子供には学校で使うものを自分自身で収納するのと並行して、ベッドまわりの掃除も自分で行うような習慣を身につけさせても良いでしょう。また、成長が著しい子供は汗をかきやすいため、ベッドの上に布団を敷いたまま放置しておくとカビが発生する恐れがあります。ベッドの通気をしたいなら、床板がすのこのベッドがおすすめです。子供用ベッドはデザインもさることながら、ベッドフレームの素材もさまざまなものがあります。木製やアイアン、レザーなどがあります。長く使うものですから、機能性やデザイン性を考慮しながら、子供と一緒にベッドを選んでみてはいかがでしょうか。