新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

伸縮ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]
  • のびのびロフトベッド【Scelta-high】シェルタハイ

    のびのびロフトベッド【Scelta-high】シェルタハイ 61,992円(税込) 〜

    10cm単位で長さ調整できる珍しいベッド
    150cm〜210cmまで伸縮します
    フレームと同時にマットレスも伸び縮みします
    ロフトなのでベッド下は有効活用

  • のびのびベッド【Scelta】シェルタ

    のびのびベッド【Scelta】シェルタ 33,912円(税込) 〜

    長さを調整できる新しいタイプのベッド
    伸縮で150cm〜210cmまで変更可能
    一人暮らし、子供用としても便利
    配置場所に合わせて、身長に合わせて調整

ページトップ

自分の身長に合わせてサイズを調整できる

丁度いいサイズのベッドがなくて困っている人に伸縮ベッドはおすすめです。ベッドのサイズが合わない状態は寝心地だけでなく健康状態にも影響を与えます。思うように寝返りが打てないため、睡眠時にも疲労が蓄積しやすくなってしまいます。また、広すぎるベッドも狭すぎるベッドも睡眠時に違和感をもたらし、ストレスを感じながら眠りにつくことになるでしょう。身長が高い人も低い人も抱いてしまうそんな問題点の数々を伸縮ベッドは解決してくれます。自分の身長に合わせて細かい単位でサイズ調整できる伸縮ベッドは、普通のベッドでは味わえないフィット感をもたらしてくれるでしょう。
調整が面倒なのでは?という懸念にもきちんと対応しています。多くの伸縮ベッドはベッドフレームの金具を取り外すだけで、自由に長さを調整できる仕組みになっています。作業には力も技術も必要ありません。そのうえ、うれしいのが長さだけでなく高さも調整できるということです。これまでのベッドでは「サイズはいいのに高さが」といった風に、要望にぴったりのベッドを見つけることは困難でした。しかし、伸縮ベッドであればあなた好みのベッドを自分で演出できるメリットがあります。


子供用にすると1台のベッドで成長をカバーできる

子供用のベッドについては、多くの親が悩むポイントとなっています。子どもの成長は早いもので、この間までは小さかったのに、すぐ身長が伸びて驚かせてくれます。そんな子どもの成長が早いのは親にとってうれしいことではあるのですが、身の回りのアイテムが成長スピードに追いつかなくて困ることもあるでしょう。机、椅子、洋服、そしてベッドも何度も買い換えなくてはいけなくて手間と費用を使ってしまいます。子どもの成長のためには仕方がない、とあきらめる前に伸縮ベッドを試してみてはどうでしょうか。
伸縮ベッドは1台あれば子どもサイズから大人サイズまでをカバーできます。つまり、幼稚園くらいの小さな子どもから、身長が止まった後の高校、大学生あたりまで、1台のベッドで事足りるのです。これからは、子どもの身長が伸びるたびに「ベッドはどうしよう」と不安に駆られることがなくなります。今まで以上に素直な気持ちで子どもの成長を見守ることができるのです。子どもにとっても、思い入れのあるベッドを何度も買い換えなくて済むのはうれしいものです。愛着のある寝具をずっと使い続けられて幸せに思ってくれるのではないでしょうか。


シーンに合わせてサイズ調整ができる

シーンに合わせて伸縮ベッドのサイズを使い分けると、より機能を満喫することができます。たとえば、寝るときは広すぎるベッドよりもほどよいフィット感があるほうが安眠できる人が多いようです。自分の身長よりも30センチほど長いサイズに調整して床についてはどうでしょうか。一方、休日にベッドの上でくつろぐと決めたらとことんまでのんびりできる環境を整えたいものです。そんなときは伸縮ベッドを限界まで長くして、思い切り手足を伸ばしましょう。部屋の掃除をしたり、ホームパーティーで人を呼んだりするときにはなるべくスペースを確保したいところです。今度は伸縮ベッドを限界まで縮めて、動きやすい環境にしましょう。このようにあらゆるシーンで活躍する伸縮ベッドは、引越しの際にも便利です。引越しで移動が面倒臭いアイテムの一つがベッドです。移動をあきらめて買い替えを決意する人も多いでしょう。しかし、伸縮ベッドではコンパクトなサイズに調整することで、かなり引越しの手間が省けます。まだ使える状態で手放す必要がなくなり、コストパフォーマンスが上がるのです。長く使える伸縮ベッドは一人暮らしの人におすすめです。


伸縮ベッドは誰が使っても便利

伸縮ベッドの大きなメリットとして、誰もが使えるという点も見逃せないでしょう。ベッドとは本来、生活スタイルや持ち主によって大きく用途が変わるものです。アパートで一人暮らしの男性と、一軒家の子どもでは、必要とされるベッドのタイプは違うものだといえるでしょう。しかし、伸縮ベッドはどんな持ち主でも、どんなシーンでも適応することができる優れものです。スペースを確保したいアパート、広く使いたい一軒家、どんな場所であろうと伸縮ベッドは調整次第で的確に使えるのです。伸縮ベッドは人に譲って使い続けられるというメリットもあります。伸縮ベッドを使っていたら自分が結婚するとき、夫婦には新しいベッドを購入して、生まれてくる子どもに伸縮ベッドを回すという方法が可能になります。伸縮ベッドは、サイズを調整するとマットレスも変えなくてはいけないというデメリットもありますが、多くの場合はベッドに対応しているサイズ調整用のマットレスを使うことで解消されます。安心の寝心地と驚異のコストパフォーマンスを実現した伸縮ベッドは、これからベッドを検討している人にぜひ使ってほしい寝具です。